不動産担保ローン

当サイトは不動産担保ローンの知識がたくさんあります。不動産担保ローンについて知りたい人へ、嬉しい知識を配信しています。

ホーム

銀行で不動産担保ローンを利用するには

不動産担保ローン

不動産担保のローンを利用する人は多いと思いますが、住宅ローンを申し込む際にはローンについての最低限の知識を得ておく必要があります。
ローンには大きくは2種類あり、担保など必要になるローンと担保が無くても申込みができるローンです。
銀行などからマイホーム取得の為に融資を受ける場合に利用するローンは、担保が必要になります。
消費者金融会社が融資をしているカードローンは、得に担保を求められることはありません。
銀行で大口の融資を希望する時には、担保がなければローンの審査に通ることができなくなります。
借りたお金を返せなくなってしまった時は、お金の肩代わりのために担保を処分していいというものです。
資産価値の高い不動産が用いられることが多く、それが担保となっているのが不動産担保ローンと呼ばれます。
住宅ローンは、不動産担保ローンの一種で、基本的には土地と家屋の両方が担保となります。
不動産を担保としてローンを組むことになりますが、コンスタントに返済し続ければ、何ら心配する必要はありません。
担保に使っている家や、土地の価値が十分に高ければ、低金利で大口の融資を受けることができます。
無担保のローンでは難しいことです。
担保を必要としないローンと比べた場合、一回の借り入れ上限額も大幅に違っています。
長期的な、高額のローンを利用したいという場合は、不動産担保ローンが必須になります。

借り換え目的で不動産担保ローンを利用する

不動産担保ローン

市場の金利が低いままなので、不動産担保ローンを利用した借りかえをしたいという人が多くなってきています。
金融サービスの中にはいろいろなローンがありますが、事前に使い道を明確化した上で融資を行うものはたくさんあります。
申し込みから融資が決定するまで、かなり待たなければいけないというローンも、珍しくありません。
借りたお金を何にでも使いたいという時には、用途を限定されていないフリーローンを利用するといいでしょう。
不動産担保ローンでは、担保に不動産を入れることになりますので、返済不能による危険性が限定され、使い道の制約を受ける必要はなくなるという利点があります。
金融会社サイドも、不動産が担保として入っていたほうが、何かあった時はすぐにこれらを差し押さえるだけで済みますから、金利を高くする必要がなってしまうのです。
低い金利で、とれなりの金額を融資してもらえますので、他のローンから不動産担保ローンに借りかえるという方法もできます。
ローンの借り換えは手数料が発生しますので、ただ金利だけを見て決めると、思わぬ見落としをすることになります。
低金利によるお得分だけでなく、手数料がどのくらいかかるかを試算に含めた上で、不動産担保ローンが得なのかどうかを確認する必要があります。
現時点で利用しているローンより、不動産担保ローンのほうが金利が低い場合でも、借り換えをすると損をすることがあります。
手数料もそうですが、完済までに必要な金額を全て計算してみることで、不動産担保ローンに借り換えたほうがお得かどうかかわかります。
金融会社との相談だけで話を進めてしまわずに、一度ファイナンシャルプランナーの意見を聞きながら、不動産担保ローンを検討する人もいます。

不動産担保ローンが人気の理由とは

銀行から借り入れを行う際に、不動産担保ローンが人気なのはご存知でしょうか。
不動産担保ローンとは、自身が所有する土地や建物を担保にして、お金を借り入れる方法です。
なぜ今人気があるのかには理由があり、まず最初にあげられるのは、なんといっても利率が低いという点です。
金融会社によって詳細部分は違いますが、不動産担保ローンの金利は10%以下に抑えられており、担保のいらないローンとは大きく違います。
不動産担保ローンでは、金利が10%をオーバーすることは滅多にないといっていいでしょう。
担保がなくても借りられるローンは、その代わりに、金利が高めになっているわけです。
資金使途が自由であるという点も、人気があって多くの人に利用されている理由です。
住宅ローンや自動車ローンなどは、低い利率での貸し出しを行っていますが、土地や住宅、車両の購入に限定されます。
しかし、不動産担保ローンでは、その資金を何に利用しても構わないのです。
大口の融資を受けられることも、不動産担保ローンを利用する上での望ましい部分です。
担保としている不動産の評価価値にも左右されますが、数千万円という大金を融資してもらうことも可能です。
土地や建物を担保に入れることができる人なら、不動産担保ローンで大口の融資が利用できます。

不動産ローンとは

不動産ローンとは、担保に不動産を入れて融資を受けるローンのことで、正式名称は不動産担保ローンといいます。
ローンには有担保型と無担保型がありますが、不動産ローンは有担保型のものです。
クレジットカードなどに付帯しているキャッシングなどの機能でローンを受ける場合は、いわゆる信用貸しともいえます。
信用貸しの場合は、小口で短期間の融資になることが多いようです。
大口の融資はリスクが高いためです。
不動産ローンは不動産の担保があるので、上限なども高くかなり好条件で借り事ができるというメリットがあります。
融資を行うサイドから考えれば、担保があった方が好条件の借り入れができることは理に叶っています。
もしも貸したお金が何らかの事情で返済できなくなったとしても、不動産が担保になっていればある程度の金額は補償されます。
不動産担保ローンは金利も低く設定されているので、担保となる不動産がある借り手にとってはとても便利なものといえます。
不動産担保ローンは用途が自由なので、いろんな所で使う事ができます。
目的型ローンを利用した場合、借入金はその目的以外に使うことはできません。
不動産担保はとくに指定されていません。
高額の融資を受けたい場合は、評価価格の高い不動産を担保にすると、それに応じて貸付上限がよくなります。

不動産ローンの借入額

不動産を担保としてローンの借り入れを行う場合、融資可能な金額の計算はどうなるのでしょうか。
不動産担保ローンの場合は借り入れることができる金額と言うのは担保となる不動産が基準です。
土地や建物、マンションの部屋などの評価額の7割ぐらいが上限になる事が多いといわれています。
土地の評価額から、老朽化した建物の取り壊し費用をさっ引いた上で最終的な価値とすることもあります。
不動産担保ローンの場合は借り入れをする金融会社によって、借り入れ条件等が違っている事も良くあります。
ローンを組む時は、事前に金利や融資額について確認をする必要があります。
ローンの担保に不動産を利用する場合、返済途中に不動産の評価額が下がってしまうと、追加の担保が必要になるかもと考える人もいます。
最近の不景気などによって、不動産価格が暴落したりします。
不動産価格というのは常に変動し時々にによって評価額は変わってきます。
もしも不動産を担保にして融資を受け、その後に土地価格が変動した場合でも、毎月の返済をしっかり行っている人には、追加担保の心配はありません。
不動産ローンなどの場合は、借り入れ金額に対する評価額の割合は決まっています。
ローンを組む時に担保にする不動産の評価額が高くない時は、借り入れ可能な金額の上限も高くならないようです。

不動産ローンの注意

評価額の高い不動産を所有している人にとっては、不動産担保ローンは使いやすいものでしょう。
金利も安く、借り入れ期間も有る程度融通がきく、便利なローンであるといえます。
不動産担保ローンは、借り入れたお金の返済が滞ってしまったり、返済できない事態になってしまった場合には大変です。
もしも担保を利用したローンの返済がままならなくなった場合は、不動産を処分する形でお金をつくって返済にあてなければなりません。
不動産担保ローンを借りる時に、担保として自分の住んでいる土地や家などを提供した場合には、住む所が無くなってしまう可能性があるという事になります。
場合によっては、家や土地を失う可能性があることを把握した上でローンを利用する必要があります。
かつて、不動産を担保にした時でも金利が高い時がありました。
当時返済不能になってしまった人がたくさんでて、大きな問題となった事もあります。
不動産担保ローンを考えているならば、万が一という事があるという事も念頭において返済計画をきちんと立てる必要があるのです。
不動産を担保とするローンを利用する時は、相手の会社によって内容が違います。
最初から1社に絞るのではなく、不動産担保ローンを扱っている金融会社についてしっかり情報収集をしましょう。
金融会社ごとにどんな特色があるのか、しっかり確認した上で、不動産担保ローンについて調べるといいでしょう。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2018 住宅ローンを検討している人にまず知っておいてほしいこと All rights reserved.