審査 住宅ローン

審査・住宅ローンというのは、分かっているようで、案外分からない事が多いものです。意外と知らない審査・住宅ローンについての知識を紹介します。

ホーム

住宅ローンの審査基準

審査 住宅ローン

もしも住宅ローンを利用することになりそうなら、審査について理解しておきたいことがあります。
家やマンションは大きな買い物になりますので、ローンを組んで、融資金で支払いをしている人が多いようです。
住居は一生に何回もない大きな買い物ですので、住宅ローンを利用しなければお金が用意できない人も多いようです。
住宅ローンには必ず審査がありますので、この審査をクリアしなければ、金融機関はお金を貸しません。
住宅ローンの融資を受けるには、金融機関の審査を受けて、OKをもらわなければいけません。
審査では、住宅ローンで借りたお金を以後十年、二十年かけて返済できるのかを確認するのが主目的です。
審査で重視されるところとは、毎月の収入が安定していること、長く勤められる会社であること、会社そのものが安定しているかなどです。
今までキャッシング絡みでトラブルを起こしたことがないかという点も、審査では重要です。
信用情報会社には、過去数年間のキャッシングの利用履歴が記録されており、照会することで、問題のある人物かがわかります。
住宅ローンの審査では、キャッシングの返済を遅らせたことがある人や、返済できなかった人は、マイナス評価にします。
住宅ローンの審査では、他の金融機関から借り入れをしている最中に、新しく住宅ローンを組もうとしている人を警戒しているようです。
借りたお金を全額返し終わっていたとしても、キャッシング会社との契約がそのまま残っていると、住宅ローンの審査に差し障ることがありますので、忘れずに契約解除をしてください。

住宅ローンの審査に通らない理由

審査 住宅ローン

大抵の人は、貯金たけでは住宅は買えずに、住宅ローンの融資を組む必要が出てきます。
家を買うために住宅ローンを苦みたい場合は、まずはどの金融機関から住宅ローンの融資を受けるかを決めることです。
申込みをして、審査をクリアしない限り、住宅ローンを使うことはできません。
審査の内容は金融会社によって違いますが、収入が安定していることだけでなく、高齢すぎないかも確認されます。
住宅ローンの返済期間は30年、35年と長期になることが多いですが、そのため、返済時に何歳になるかも重視されます。
完済した時の年齢が80歳をオーバーする時には、審査で断られる金融機関が多いと言われています。
1カ月の返済金額を高めに設定それば、完済時の年齢を80歳以下にできるという場合でも、年収の35%以上の返済負担がかかると、それはそれで審査では苦しいようです。
月々の給料が保証されている定年時期までに、住宅ローンの返済が終わっていなければ、返済が滞る可能性があると見なされます。
確実に住宅ローンの返済をすることを考えるならば、働き盛りのうちに住宅ローンを組んで返済を始めたほうが安心できます。
会社を転々としていると、正社員でも収入が安定していないと判断されがちです。
勤続年数は1年は欲しいものです。
貸し倒れリスクをできるだけ減らしたいというのが金融機関側の切実な狙いですので、審査では収入の安定性が重視されます。
住宅ローンの審査では時間がかかり、申込書類も様々なものが要求されるようになります。
長期的な計画を立てて住宅ローンの審査を受けることが、家を買う時には必要になってきます。

住宅ローンの審査方法について

家を購入する時に、住宅ローンに頼らずに手持ちのお金が済ませられるという人はごくわずかであり、多くの人はローンを使います。
金融会社は、住宅ローンの申込みをした人に対して審査を行い、返済能力があると判断した人に対してだけ、お金を貸します。
住宅ローンの審査ではどのような点をチェックされるのかを知ることで、審査に通りやすい状態をつくることができます。
購入する家や、土地を特定してからでなければ住宅ローンの手続きはできませんので、まずはどの家を買うのは、いくらで買う物件になるのかを明らかにしましょう。
物件を決定してから住宅ローンの申込みを行い、金融会社に事前審査をしてもらいます。
住宅ローンの事前審査でOKが出たら、正式に住居を購入するための手続きができます。
1週間から3週間で、事前審査の結果が出ます。
住宅ローンの事前審査でOKが出れば、正式に住宅を購入するための契約を開始します。
工務店や、住宅メーカーと家を買うための契約を交わすと、家の購入代金が決定します。
そこで、金融会社は住宅ローンの本審査をします。
本審査は1週間ほどかかります。
この審査をクリアすることで、やっと住宅ローンの融資が受けられます。
住宅ローンの審査は、金額が大きく、返済期間が長い分、慎重になりがちです。
申込みの際に必要になる書類も色々なものがあります。
手続きの最中に、書類に問題があることがわかれば、修正などいで一層時間がかかります。
大過なく話が進んだ場合でも、何かやかんやで1カ月は使います。
住宅ローンの審査を受ける時には、時間がかかることを想定に入れておく必要があります。

住宅ローンの審査とは

住宅ローン利用時には、審査があります。
ローンといえば、借り入れ金額が大きいローンの場合には、住宅ローンや車のローンの他にも教育ローンやリフォームローンなどがあります。
旅行や結婚などの費用に利用できるローンなどいろいろとあります。
いくつかあるローンの種類によって、申込み時の審査も異なります。
住宅ローンや、借り換えローンなどの借り入れ金額が大きいものに関しては、ローンを申し込む人が、ローンを支払える能力があるかどうかの審査が行われます。
住宅ローンの場合、二十年も三十年もかけて、一つのローンを支払うことになります。
融資をした側にとっても、返済不能になるお客にお金を貸すことは意味がありません。
安定した収入がどのくらいある人物かなどは、審査の段階で詳しく確認されます。
特に最近は不景気による影響で、倒産する会社が増えており、リストラになる可能性も高いため、ローンの審査が厳しくなっているという傾向があります。
何千万ものお金が必要になる為、ローンを利用しないで住宅を購入できる人は少ないことでしょう。
住宅ローンを使用するには、申込み時の審査が必要になります。
支払い能力が無いと判断された場合には、住宅購入資金を借り入れすることは出来ません。
借り入れ条件を見直してローンの申込みをすることで、一度断られた住宅ローンの審査でも、認められることもあると言われています。

住宅ローンの事前審査を利用するとき

ローン融資を受けるには、審査で融資が認められなければなりません。
結果を気にする人は多いようです。
ローンの申し込みを初めてする場合に受けることのできる事前審査というものがあります。
事前審査とは、ローンの申し込みの前に無料で受けることができる仮審査の事です。
事前審査とはローンの審査に通るかどうか確認して、その結果を回答してくれます。
ローンの本審査を受ける前に通るかどうか試してみたいという人にとって大変便利なものです。
事前審査は、書類提出などは求められませんが、どんな審査を行うかなど、大体のところは本当の審査と同じです。
本審査と違い、収入や身分を証明する書類がなくても仮審査の手続きはできますが、事実をそこで偽っても無意味です。
結局、事前審査は本審査と同じ事を書いて出さなくては、審査に通るかどうかわからないわけですから、正直に記入する必要があります。
ローンの事前審査の内容は、勤務先、勤務内容、勤続年数、勤務形態、返済負担率、その他の債務の有無、返済暦などがあげられます。
勤続年数は最低でも3年、勤務形態などは最近は定収入があれば正社員でなくとも大丈夫という所もあります。
返済負担率というのは、年収に対するローンの年間返済額の割合が30%以内といわれることが多いです。
ローンの利用額が年収に対して高すぎると返済の負担が大きくなりすぎますので、返済能力が危ぶまれて審査に落ちることがあります。

住宅ローンの本審査について

事前の審査でOKが出るなら、実際に審査を受けてもローンが利用できる公算は高いでしょう。
しかしながら、ローンの事前審査では通ったのに、本審査に落ちてしまったと言うケースも残念ながらあるようです。
なぜ事前審査に通ったのに本審査に落ちることがあるのでしょうか。
事前審査は銀行が行いますが、本審査は専門の保証会社が行います。
2つの審査の基準に少しの差があるので、本審査に通らないことが起きてしまうのです。
審査の項目に、申込者が健康かどうかという点を含めて、重視するという金融会社もあると言われています。
長い場合で三十年、住宅ローンは返済を継続することになります。
ローンの支払いが終了する前に健康状態が悪くなる事も考えられる為、持病がある人はローン審査に通らない場合もあります。
ローンの審査基準は金融機関によって異なります。
事前審査をいくつかの金融機関に依頼して、まずはどこならば審査に通るのか確認してみることをおすすめします。
ローンの事前審査に通った金融機関の中で、どこが一番手数料や金利などが安いかなどをチェックして最終的に本審査を申し込む金融機関を決めるようにします。
審査に通る住宅ローンならどこでもいい、という考え方はしないほうがいいでしょう。
住宅ローンの貸付金は高額になりますので、金利や手数料の違いはかなり大きなものになります。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2018 住宅ローンを検討している人にまず知っておいてほしいこと All rights reserved.